販促品のご紹介

フィギュアタイプの人形販促品といってもいろいろあります。どのような販促品が人気なのか、ご紹介したいと思います。まず日用品は多くの人に便利に使われるため販促効果は高いと言われているのです。まず代表的なものとしてティッシュペーパーがありますが、店舗や商品などの販促品としてよく使用されています。特に無作為に渡す物に使われることが多いため、道などで渡されることが多いようです。他にボールペンも人気の高い販促品であったら便利というもの。とても販促効果が高いので、是非名入りにしましょう。

次にタオル、手ぬぐいなどがあります。手ぬぐいは現在少なくなりましたが、あれば便利なものの一つです。最近はハンカチよりタオルを持つ人が増えています。そのためミニタオルなどは喜ばれます。できればセンスの良いもので、名前があまり目立たないようにする方が使いやすく、逆に販促効果も高くなります。あまり名前が大きかったりすると、持たなくなってしまうことが多いというデメリットがあるのです。他に子どもも大人ももらって、心がなんとなくほっこりするような、例えば食べ物を模ったミニ消しゴムや小さなフィギュアタイプの人形などもおすすめです。もらった人はちょっとどこかに付けるなど、気に入れば利用してくれます。キャラクターが多くの人に浸透しているものなら是非おすすめです。

販促品の選び方

キャラクター名入り販促品の選び方を考えてみましょう。まず大切なことは企業、商品、店舗などのイメージに反したものより、イメージの近い相乗効果のあるものがよりおすすめです。予算があるので、その中でいかに有効にアピールするかということを考えると、イメージの近い商品があればおすすめです。次にターゲットを絞ることも大切です。

例えば女性がターゲットなら、花柄のタオルなど女性の喜びそうなものを選びましょう。またターゲットが子どもなら、子どもが喜びそうなものがいいでしょう。しかしキャラクターは意外と失敗しやすいと言われています。キャラクターは浸透しているものであればOKですが、浸透していないものは浸透するまでに時間がかかります。もちろんキャラクターを浸透させるための販促品の場合は印象的なものをつくりましょう。

また実用品が好まれるので、使いやすいもの、よく使うもの、あったら便利なものを選びましょう。例えばボールペンやタオル、メモ帳などが一般的で、平凡ですが人気がある販促品です。身近に使ってもらえる頻度も高いのでおすすめ。またサイズも考えたいものです。小ぶりな方が使いやすいという場合もあります。ボールペンなども定型の大きさより、ちょっとノートに挟めるような小さいものも人気です。

名入り販促品の目的

名入り販促品名入り販促品は、企業アピール、商品認知度、店舗アピールなどを目的として利用されています。消費者や利用者などの客に対し、店、会社、商品などを身近に感じてもらうことが大きな目的なのです。それによって競合との差をつけることもできます。宣伝効果のために、店を利用した客に渡す場合は、例えば美容院など店舗に訪れ利用をした人のみに販促品を渡すことがあります。また道などで無作為に歩いている人に渡す場合もあり、例えばティッシュペーパーなどの場合などがあります。また商品にサービスとして付ける場合など、名入り販促品の渡し方はいろいろです。

名入り販促品は受け取ってもらうことで、初めてその人の身近なものとなり、販促効果が高くなります。そのため多くの人の身近に持ってもらうことが、最大のメリットとなるのです。特に販促品の場合、もらって有り難いものが人気。もちろんそんなに高価なものでなくても、ちょっとあると便利なものが一番目につき、イメージとしても良いと言われているのです。

例えばタオルなどは便利であっても、業者などの名前が書かれていると「こんな名前なんてなければいいのに」という思いで、名前を見られてしまうので印象が悪いこともあります。逆にボールペンなどは、特に何が書かれていても気にならないという人も多く、とても好印象を与えることができるのです。今まで特に縁のなかった客からもアクセスしてもらうこともでき、企業や店舗などの認知向上に役立ちます。ぜひ名入れ販促品を活用しましょう。